トマソン心の扉

トマソンのようにわたしはなりたい。
12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 3102
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top
ロングヘアー
あなたのために髪を伸ばしたの。

だって、あなた



「長い髪が好きだな。」



って言ったでしょ?



だから、あたし

まとめやすかったミディアムヘアを

やめました。


肩より先なんて、

今まで伸ばしたこと無くって、

慣れないヘアケアだって頑張った。


あなたのことを思いながら、

早く伸びるように、

高いシャンプーと

トリートメントで


毎日、

一所懸命、

ケアをしたの。


でもね、

あたしがあなたのことを思いながら

一生懸命、

髪の毛に時間をかけていたら

いつのまにか…


あなたの隣には


ショートヘアの似合う


女の子がいた。


悲しみと同時に




「これから髪に時間をかけないでいいな。」




っていう安堵が、

こみあげてきた。


ばいばい。

あたしの髪の毛。

スポンサーサイト
カップケーキ
甘ーい 甘ーい 

カップケーキをあなたのために。


あなたは

苦ーい 苦ーい

ブラックコーヒーと


甘ーい 甘ーい

カップケーキを一緒に食べることが何よりもスキで、


あたしは

ホント言うと、

適度に甘いカップケーキと

ミルクだけが入っているコーヒーが好みなのだけれども、


あなたに嫌われたくない一心で

あなたのために、

あたしの好みとは程遠い、


カップケーキを焼くの。


スキなはずないお菓子を一生懸命、

作っているはずなのに、


何故だか今じゃ、この苦痛な時間があたしの幸福。


Illustrations by FREEGATE.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.
---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。